まずは見積もり

ワインボトル

お酒を飲まない人にとっては、お酒のおみやげは、相手の気持ち的にはうれしい反面、後でその処置に困ってしまう贈り物の一つといえます。人が多く集まる席などを設ける機会が多い家であれば、そこで楽しむこともできますが、そういった機会がない場合、そのまま置かれたまま年月を過ごす場合も少なくありません。こういったときには、開封して流しに流してしまう前に、インターネットで酒の買取について調べてみると、これまで知らなかった世界に気が付くかもしれません。というもの、今はお酒の買取を行っている業者がたくさん存在しており、未開封のお酒であれば、しっかりとした値が付くようになっているのです。特に、お酒には賞味期限が設定されていないものが多く、特に品質が変わらないウイスキーのような蒸留酒については、そのニーズが高く、高値で取引される可能性も高くなっているのです。逆に、古いものであるほうが、味わい深くなる場合もあり、まずは買取店に見積もりを出してもらうことからはじめるとよいでしょう。買取店の見積もりの方法としては、店舗への持ち込みはもちろん、家まで来てくれる場合、さらにはネット上で写真を送るだけでも価格を提示してくれるなど、多岐にわたっています。

どこに売るかは自分の自由

ワイン

ここで、お酒の見積価格が提示されたとき、納得いく金額である場合には、そのまま買い取ってもらうのも一つの方法ではありますが、より高い価格で買い取ってもらったほうが嬉しいものです。先ほど、記述したように、最近ではお酒の買取店が多くあることから、他店での買取価格を知ってからでも遅くはないのです。数店舗を渡り歩いて見積額を聞いて回るのはちょっと、という場合でも、ネット上の見積もりを使えば、家に居ながらその価格を知ることができるのです。見積もりを行うために必要な写真を撮り、各店舗に送るだけで、どんどん見積価格が送られてくるため、あとは条件を確認してどこに買い取ってもらうか決めればよいのです。ここで、どこの店舗に買い取ってもらうかを検討する上で、必ず確認しておきたいのが商品を送る際の送料であり、梱包方法です。最近では、家まで運送会社が取りに来て、梱包する資材はもちろん、最終の梱包作業まで行ってくれるサービスを行っているので、こうした買取業者を利用すると、とても便利です。あとは、店舗からの到着連絡と正式買取価格を確認して、了解すれば指定の口座にお金が振り込まれるのを待つだけで、簡単にウイスキーを現金に換えることができるわけです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中